読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事のヒント

「仕事がうまくいく→給料が上がる」のいくつかのヒント

アプリの瞬間起動

 

■キーボードでWindowsを制御する



マウスってたしかに便利なのですが、文章が入力できるわけではありません。
※当たり前ですが。

でそうすると、何かを入力してはマウスに持ち替えて、Windowsを制御して、また、手をキーボードに戻して入力する、なんていう作業を1日中繰り返すことになります。

これがひたすら面倒くさい。

いっそのこと「音声入力にしたら便利かな」とも思いますが、パソコンに向かってブツブツ呟くというのも、ちょっとシュール。

以前enthumbleというソフトを使って、ホームポジションから手を離さずにカーソル移動をするという記事を書きましたが、今日は、Windows自体をキーボードで制御する方法。

■Winodwsキー


Windowsを使っている方であれば、Winキーは使ったことがあるかと思います。
Winキーを単体で押すと、Windowsメニューが出てきます。その後、カーソルキーで必要なメニューを選んでリターンキーを押すと、その機能をスタートできます。

ただし、この方法は、キーを押す回数が増えるのが難点。

ただ、WINキーにはキーコンビネーション(他のキーと同時に押すこと)で特殊な機能を果たすことができるようになります。

 

 

★−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
Win + D     デスクトップを表示する
Win + M     ウィンドウをすべて最小化する
Win + E     マイ コンピュータを開く
Win + F     ファイルまたはフォルダを検索する
Win + F1     Windows ヘルプを表示する
Win + L     コンピュータをロックする
Win + R     [ファイル名を指定して実行] ダイアログ ボックスを開く
Win + U     ユーティリティ マネージャを開く
Win + Shift + M 最小化したウィンドウを元のサイズに戻す
Win + Ctrl +F  コンピュータを検索する
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−★



■ファイル名を指定し実行


Windows7になって、Windowsキーを押して、すぐにファイル名やコマンドを入力すると、それに一致するファイルを検索して表示してくれるようになりました。そのままリターンキーを押せばそれをコマンドとしても処理されるようになりました。

XP以前ではWIN+Rでコマンドの入力ができます。

ここで、以下のように入力すると、対象のプログラムが起動します。

★−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
acrord32  adobe reader
calc    電卓
charmap   文字コード
cmd     コマンドプロンプト
control   コントロールパネル
dxdiag   directx診断ツール
eudcedit  外字エディタ
eventvwr  イベントビューア
excel    excel
explorer  windowsエクスプローラ
logoff   ログオフ
magnify   拡大鏡
mmc     マイクロソフト管理コンソ?ル
msaccess  access
msconfig  システム設定ユ?ティリティ
mspaint   ペイント
mstsc    リモートデスクトップ接続
notepad   メモ帳
nslookup  nslookup
outlook   outlook
pbrush   ペイント
powerpnt  powerpoint
regedit   レジストリエディタ
regedt32  レジストリエディタ
sndrec32  サウンドレコーダー
sndvol32  ボリュームコントロール
taskmgr   タスクマネージャー
telnet   telnetクライアント
winmsd   システム情報
winver   windowsバージョン情報
winword   word
wordpad   ワードパッド
write    ワードパット
wupdmgr   microsoftアップデート
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−★



■いつも使うアプリを簡単に入力できるようにする


いちいち、
 スタートメニュー→プログラム起動
とするのではなく、よく使うアプリも、上記のように簡単に起動できるといいですね。

そこで、私のよくやっている方法。

◆1.アプリの起動用フォルダを作る


    c:\usr\app
 というフォルダを作ります。

環境変数pathにこのフォルダを登録する


 環境変数は、マイコンピュータのプロパティから環境変数の設定ができます。
 手順はWindowsのバージョン毎に異なりますが、Windows7なら
    Windowsボタン
    コンピュータを右クリック⇒プロパティ
    システムの詳細設定
    詳細設定タブ
    環境変数
 でたどり着けます。
 ここのシステム環境変数の欄にPathという環境変数があるので、これに
    c:\usr\app
 というフォルダを登録します。
 フォルダの区切りは;(セミコロン)なので、編集ボタンを押して、
    ;c:\usr\app
 と入力してOKを押せば出来上がり。

◆起動したいアプリのショートカットを登録


 起動したいアプリがスタートメニュー⇒すべてのプログラムにあると思いますので、そのアプリのショートカットをc:\usr\appにコピーします。
 コピーしたら、ファイル名を入力しやすく短くします。
 
 たとえば、xmind.lnk というファイルができたら、xxx.lnkに名前を変えておきます。
 

◆起動!


 Winodws7ならWinキーを押して、XP以前ならWIN+Rをおして、このショートカット名(名前の部分だけ。上記であれば"xxx")を入力すると、アプリが立ち上がるようになります。

これで、瞬時にアプリを立ち上げるようになります。
他の人が見ているところでやると、「おおっ!」とびっくりしてもらえるかも。

■同じテーマの記事

PCが遅い時の対処方法2:原因を探して対策する

「どうも最近、PCの動きが遅い」LinuxMac だとないのかもしれませんが(それほど使い込んでませんので知りません)、Windowsというのは、使っているうちにだんだん遅くなるというのは有名な話。買った時には、サクサク動いて感動だったのに、使っているうちに慣れてきたせいなのか、PCが遅くなったのかは分からないですが、感動はすっかりなくなり、PCのもっさり感に「ええいっ!とっとと動け!人間様をまたせるとは何事だ!」などと、キーボードにあたっても、実際何の効果も..

Excelの小技:2つのウインドウで開く

Excelで2つのファイルを見ながら作業する時がありますよね。比較するときとか。Excelは普通に開くと、ファイルを子ウインドウとして開いてしまって、親になるExcelは一つだけになります。PCに2つのモニタがつながっていて、そこで2つのExcelを比較しようとすると、モニタの大きさが違うので、どうしてもひとつのモニタにしか表示できません。※むりやり2画面にまたがる大きさにするという方法もなくはないですが。そこで、こういうシチュエーションにあうように、2つの Exce..

PC操作を早くする4:ウインドウをキーボードで操作する

本日は、素早くPCを操作するコツの第4回。アプリケーションを素早く立ち上げたり、閉じる方法についてご紹介します。素早く起動するこれは過去記事で何度かご紹介していますので、詳細は過去記事をどうぞ。Win+数字キーで特定のアプリを立ち上げるこちらでは、WIN+数字キーで特定のアプリを素早く立ち上げる方法をご紹介しています。マウスを外してPCを使うと操作が早くなるALT+CTRLでキーボードショートカットを作るこちらでは、ユーザ定義のキーボードショートカットを作る方..

Winodwsショートカット

Winodwsのファイルへのショートカットのプロパティを開くと、「ショートカットキー」という項目があるのにお気づきのかたも多いと思います。これ、活用するとすごく便利なんですよ。よく使うファイルにはショートカットキーを割り当てるほぼ毎日開くファイルやフォルダってありますよね。私の場合はJOB.xlsに仕事関係の必要な情報を書き込んで、何かあるとこのファイルを更新します。たとえば、・××プロジェクトの議事録ファイルのありか・ちょっとやる気になる格言・自分のミッ..

アプリの瞬間起動

キーボードでWindowsを制御するマウスってたしかに便利なのですが、文章が入力できるわけではありません。※当たり前ですが。でそうすると、何かを入力してはマウスに持ち替えて、Windowsを制御して、また、手をキーボードに戻して入力する、なんていう作業を1日中繰り返すことになります。これがひたすら面倒くさい。いっそのこと「音声入力にしたら便利かな」とも思いますが、パソコンに向かってブツブツ呟くというのも、ちょっとシュール。以前..

スタンプを作る

セブンイレブンなどのフランチャイズやチェーン店というのは、やる側(セブン-イレブンならセブンアイホールディングス)にとってはすごく楽な仕組みですよね。コンビニの経営方法のマニュアルを作り、他の人(フランチャイズのオーナー)にやらせれば、確実にロイヤリティが入ってくる。また、チェーン店も同様で、経営の仕方は1号店のやり方を踏襲すれば、ある程度、確実に収益が見込めます。スタンプの発想これは、ある特定のやり方で上手く言ったら、そのやり方をどんどんコピーして別の場所や別のプ..

行動チェックリストをつける

セミナーに行ったり、読書をして、何も行動を変えないのならいかないのと同じです。いや逆に時間を無駄遣いしただけ損でしょうか。読書の効果本を読んだり、誰かと話していたりした時に、「あ、これをやるといいな」と思えるものに出会う時があります。でも往々にして、そのまま忘れてしまうことが少なくありません。たとえば、本に「毎日業務時間の記録をつけるといいよ」と書いてあり、これに納得したら、そうだ、業務時間記録をつけようと思うわけですが、だいたい数日で忘れてしまいます。こ..

スマホで頑張って入力したら辞書に入れる

スマホの日本語入力は私はすごく遅いです。最大でも1分間に60文字くらい。まあ、これでも最初の頃と比べると早くなった方ですが、いくらやってもこれ以上は早くならないみたい。短縮入力ができるようにするスマホの日本語入力にかぎらず、Google日本語入力ATOK などもそうなのですが、過去に入力したことのある単語だと「予測候補」に表示してくれるようになります。これが入力速度をかなり改善してくれます。ところが、これは変換キーで区切ると、まとまりとしては認識されません。たと..

議事録は読み返すから意味がある

会社で会議をすると、会議ごとに議事録を作ってますよね。あれ活用されているのでしょうかね?エビデンスと周知のための議事録議事録には2つ目的があって、ひとつはエビデンス。つまり、だれが何を言ったのかの証拠です。あとで「言った、言わない」のトラブルになったり、決定事項の背景を会議に参加していない人にも通知する役目です。この目的であれば、会議に参加した人は議事録を見る必要はありません。その場にいたのでより詳しく知っているはずですから。逆に会議に参加していない人で何らかの影響..