読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事のヒント

「仕事がうまくいく→給料が上がる」のいくつかのヒント

中華タブレットでマルチタスクシステムを構築する

 


過去記事で何度か書きましたが、現在運用しているPCは7台あります。

そのうち2台ほどが、いわゆる「中華タブレット」です。

何をさせているかというと、このブログのメルマガの送信やら、記事の更新、ネットから必要な情報のダウンロードなどをさせてます。

あとの幾つかの古い PC はちょっと大きなデータの解析用とデータサーバ。

マルチタスクシステム


以前の記事

 PCは複数台運用をすると効率が上がる
 マルチウィンドウ

で書いたように、1台の高性能 PC よりも、2〜3台の低性能 PC のほうが仕事効率は上がります。1台の大画面モニタよりも、2台の中サイズのモニタのほうが投資効率は良くなります。

全ての PC が同じ性能を持っている必用はなく、普段使っている PC は操作に対する応答性重視。バックアップPCは HDD 容量重視、バックグラウンド PC は値段重視で導入してます。

で、そうなると、バックグラウンドで作業をしてくれる PC は、安くてタッチ機能までついている中華タブレットが一番いいというのが現時点の結論。

 

 

■安い中華タブレットでドライブ容量を確保する


アプリを常駐させたり、タスクスケジュールさせたりして、一定の間隔でデータをやり取りできればいいので、処理能力は大して必要ありません。ただ問題なのは C ドライブの容量が極端に小さいことです。

中華タブレットは、AndroidWindows のデュアル OS の場合が多いので、多くても Windows に残されているユーザ領域は 1G 程度にしかなりません。

なので、買ってから最初にやるのは、Android 領域の削除と開放。

以下は、"Ployer momo8w" というマシンでやりましたが、あまり特殊なことはしていないので、どのタブレットでも可能だと思われますが、それ以外のマシンでは確認しておりませんので、実際にやるときは自己責任でお願いします

■中華タブレットAndroid領域の開放


中華タブレットWindows モードで立ち上げます。

 ・エクスプローラを立ち上げて
 ・PCを右クリック
 ・管理をクリック
 ・記憶域→ディスクの管理

とたどると、ディスクのパーティション一覧が表示されます。
これの Windows 本体と回復パーティション以外のプライマリパーティションを全部領域開放

Windows への領域割当


開放した領域を統合して、拡張パーティションでフォーマット。

Window の領域を広げる方法として大きく2つの方法があります。

この新たに確保したパーティションをもとのWindow領域に統合してしまう方法と、拡張パーティションのまま、ジャンクションで繋いでしまう方法です。

前者(領域統合)のほうが根本的な方法なのですが、Windowsパーティションがどこにあるか(ディスク0と表示されている長方形の左側にあるか、右側にあるか)によって対応方法が異なります。
Windowsパーティションが一番左側にあって、その右側に開放した領域があるときには、Windows だけで領域の結合をやってやれば、ドライブ C は大きくなります。
一方で、Windowsパーティションが右側にあるときにはその手は使えない(パーティションの拡張ができない)ので、結合するソフトが必用です。ちょっとソフトをご紹介しておきます。

 ・EaseUS Partition Master Free-窓の杜
 ・AOMEI Partition Assistant Standard-窓の杜

私がやったのは、後者の拡張パーティションをジャンクションでつなぐ方法。

話はかんたんで、別のパーティションを C ドライブの特定のフォルダとして扱えるようにするだけです。
これで、C ドライブが仮想的に増えたことになります。

ただし、このやり方は、あるフォルダを使うときにだけ容量が増えたようにみえるので、もともとの C ドライブを増やしているわけではありません。

私の場合、Windowsのテンポラリフォルダ、マイドキュメントなどのドキュメントフォルダなど後から増加するものは全部この下に移動し直しました。

■ジャンクションの作り方


ジャンクションは先程の「ディスクの管理」からやります。

ジャンクションを張りたいパーティションを右クリックし、「ドライブ文字とパスの変更」をクリックします。

そこで出たダイアログで、「追加」ボタンを押し、「次の空のNFTSフォルダにマウントする」のラジオボタンをクリックして参照を押します。

どこにジャンクションを作りたいか聞いてきますので、C ドライブに適当なフォルダ名を設定してやれば出来上がりです。

そこからは、普通のフォルダとして扱えますので、Windowsが自動生成するフォルダのパスの設定変更や、マイドキュメントのパス設定変更をしてやれば出来上がりです。

ついでながら、SDカードを追加しても、同じことが出来ます。
※私は 64G の SD カードを追加してます。
※こちらは、ネットから動画などをダウンロード・アップロードするための領域と、PC のバックアップイメージをおいてます

SDカードは当然ながら別媒体ですので、パーティションを合体させるのは不可能です。

このジャンクション方式なら、C ドライブにいくらでも容量を追加できます。

■アプリケーションもジャンクション側に


ちなみに追加するアプリケーションも、このジャンクション側に作ります。

大抵のソフトではインストール時に、インストールフォルダを聞いてきますので、このジャンクションで作ったフォルダを指定してやれば、C ドライブの容量を減らすことなくアプリケーションの追加が可能です。

■C ドライブの空き容量


最終的に、C ドライブは 20G ですが、約3割は空きという状態で運用が出来てます。
過去記事

 改善は30%
 移動時間の30%マージン

で書いたみたいに、30% ルールを適用してます。

■同じテーマの記事

トラブルを上司に報告する前にするべきこと

よく、「問題が起きたらすぐに上司に報告しなさい」っていうビジネス書やネットの記事を信じて、速攻で報告に来る人がいたり、「自分でなんとかしよう」と頑張り続けている人がいたり、まあいろいろなのですが、どちらも上司からすると期待するものではありません。というか、「報告の仕方がなってない」っていらないところで減点をくらいます。上司の力を利用するトラブル解決の方法何か問題が起きたらとりあえず上司に報告するのがいいのですが、いきなり「トラ..

捨てるって気持ちいい

過去記事で、整理整頓については何度か書いていますし、仕事のポイントを書いた記事や書籍でも重要だと書かれています。本日ご紹介する『めんどくさがりでもうまくいく時間術』でも書かれていますが、すごくわかり易い文章だったのでちょっとご紹介。"めんどくさがり"と "整理できない" のシンクロ率はものすごい高さです。おおざっばで雑な人は、自分の部屋、会社のデスク、 PC のデスクトップもモノ..

それでも紙のノートは手放せない―オススメのノート5選

いろいろデジタル化してきて、随分出番が減ってしまいましたが、それでもやっぱり紙のノートはなくなりません。あの使い心地やぱっと出して必要な事項を詰め込めるスピード感はまだまだ PC やスマホでは実現できません。私の普段使いノートは マイノートの作成 でご紹介した百均のキャンパスノートを加工したものですが、他の会社の人との打ち合わせなど公式の場に持っていくのは、モレスキンだったりします。ほかにかなりもいろいろ試しました。その中から、「最強のノート」だと思うノートをご紹介し..

ウインドウを閉じる操作を素早くする

Windows でウインドウを閉じるときに、右上の×ボタンを押して閉じてますか?まぁ、その直前にマウスを操作していたのであれば、ついでにマウスでこの×ボタンをクリック、というのも理にかなってますが、キーボード操作のほうが実は素早くできます。たぶん、多くの人がこのキーの存在は知っているでしょう。ALT+F4※ALT キーを押しながら W キーを押すこれを押すと現在アクティブなウインドウを閉じてくれます。もちろん、編集中のファイルはちゃんと保存してから。※過去にひとつ..

アクセスポイント履歴を削除する

いろいろなところで、無料の WiFi アクセスが提供されるようになりました。過去にどのくらいのアクセスポイントに接続したことがあるでしょうか?勝手に接続される私は基本的に無料の WiFi は使わないようにしています。だれがどんなウイルスに侵されているかわからないところに、自分のデバイスがつながって、2次感染をするのを避けるためです。特に海外に行ったときの空港はフリーWiFiがありますが、ここは結構恐ろしいです。ただ、どうしても必要な場合もありますので、全く使わないと..

クラウドノートは移動させて使う

以前の記事 OneNoteEvernoteOneNoteに集約 に書いたように Evernote を卒業してしまいましたが、この使い方は引き継いで OneNote でも使ってます。ステップファイルを流用するノートの各ページは、紙のノートだとルーズリーフ式のものを使わない限り移動させることはできませんし、ルーズリーフでも取り外したり順番を入れ替えたりするのは結構てます。一方で、クラウド上のノートアプリを使うと、特定のページを..

メールは一往復半で完了する

スレッドが伸び続けるメールちょっとした質問のつもりだったのに、だんだん関係者が増え、色んな意見が出始めてやたら長いスレッドになる、なんてことが会社でよくあります。こうなると収集がつかなくなります。どこかで打ち切って、関係者を集めてミーティングにしたいのだけど、どんどんスレッドが伸びていると打ち切りにくいですし、あとちょっとで終わりそうなのにミーティング開催も面倒……とずるずる伸びていきます。メールの打ち切り時メールでは拉致が..

マルチPC環境はVNCとTeamViewer

過去記事で何度か書いてますが、私は自宅で4台、会社で3台のPCで運用してます。まあ、それぞれに役割はあるのですが、基本メインマシンは自宅用1台、会社用1台。あとは、バックアップマシンだったり、一定時間ごとに何かの処理をするか、ネット上のファイルをやり取りするためのマシンです。ただ、この状況で全部にモニタを付けるわけにも行きません。そんなに机は広くないですし、モニタの電源も必要になりますので。そうなると、モニタを繋がずに、その PC が操作できないと困るわけですが、そこ..

マウスに触らずに右クリックする方法

マウスの右クリックって、意外とよく使います。左クリックは、それを選択したり、それにむつ美付けられているアクションをするのですが、あるひとつの動作しかできません。これに対して右クリックは基本的に、その対象に対してできる操作を全てリストにして表示してくれるので、普段と違うことをしようとするとどうしても右クリックを多用することになります。マウスに触るな過去記事でも何度か書いてますが、私はマウス操作が嫌いです。理由は、キーボードに手をおいた状態でマウスを持とうとすると当然キ..

中華タブレットでマルチタスクシステムを構築する

過去記事で何度か書きましたが、現在運用しているPCは7台あります。そのうち2台ほどが、いわゆる「中華タブレット」です。何をさせているかというと、このブログのメルマガの送信やら、記事の更新、ネットから必要な情報のダウンロードなどをさせてます。あとの幾つかの古い PC はちょっと大きなデータの解析用とデータサーバ。マルチタスクシステム以前の記事PCは複数台運用をすると効率が上がるマルチウィンドウで書いたように、1台の高性能 PC よりも、2〜3台の低性能 PC のほ..