読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事のヒント

「仕事がうまくいく→給料が上がる」のいくつかのヒント

前後関係がわかると仕事がわかる

 

★P124〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

作業を一覧化し、全体像をより細かいレべルで把握はできているんだけど、やるべき作業があまりにも多すぎて、何から手をつければいいのかとか、どのような手順で進めていけばよいのか、という質問を受けます。

優先順位設定については、前述のとおり、いくつかの方怯をご紹介しましたが、ここでは、手順や前後関係という視点から、仕事を「流れ」でつかむコツをご紹介したいと思います。

吉山勇樹(著) 『アウトプットが10倍増える!スピード段取り術
――――――――――――――――――――――――――――★



たとえば私の仕事で言うと、新人がプログラミングができないかというとそんなことはありません。
逆に、大学でいろんな勉強をしている分、最新のプログラミング技術などに精通していたりして、先輩より技術知識が高いこともしばしばあります。

じゃぁ仕事ができるかというと、やっぱり新人は大した仕事はできません。

先輩と後輩は何が違うのかというと、私は本書『アウトプットが10倍増える!スピード段取り術』のように、

 仕事の流れを掴んでいるか否か

だと考えます。

先輩であっても、単に会社に長くいるだけの人は、この流れを掴んでいません。

だから次に何が起こるかわからないので、実際に起きた時にあたふたして必要な物を集め始めるから結局仕事が遅いし、できも悪いです。逆に仕事がデキる人はやっぱり準備がしっかりされているので、反応もいいし、できもいいということになります。

新人であるにしろ、配置転換などで職場を変わるにしろ、とにかくこの、どういう流れで仕事が進んでいくかをなるべく早く捕まえることが、仕事ができるようになるキーポイントですね。

 

 

■同じ仕事はない


当然、いつも同じ仕事はありません。何かが違うはずです。
プロジェクト名だったり、予算だったり。リーダーの性格だったり。

それらの特殊な点を除いた時に、幾つものレベルで共通の流れがあるんですね。
これが言語化しにくいので、経験によって学ぶしかないのですが、同じ経験をしても学べない人もいるので、差がつくことになります。

本書では「2つの流れ」を説明しています。

★P125〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

会社の忘年会の幹事を任されたとしましょう。日程調整や会場予約など、早めにやらないといけない作業はイメージしやすいのですが、個々の作業の前後関係・依存関係という 2 つの関係性に着目してみるとどうでしょう。

まずは前後関係です。忘年会の段取りを考える上で、

 「企画 → 手配 → 広報 → 実施 → まとめ」

という 5 つのステップを設定したとしましょう。そこで、前後関係を考えます。「当日の出しものを考える」という作業は企画段階の話、「会場の本予約をする」という作業は手配の段階の話、「収支報告書をまとめる」という作業はまとめの段階の話、と洗い出した作業を各ステップに当てはめていくと、どの段階で何をすべきか、ということが明確になり、まさに段取り、ステップアップのイメージができてきます。

次に、依存関係について考えます。これは[ある作業が終わらないと、ある作業がはじめられない」というように、これをハッキリさせると、仕事のつながりや相関がはっきりしてきます。例えば、企画案の社内承認が得られないと、会場の予約ができないとか、会場や日時が決まらないと参加者への広報・案内ができないといったものです。

作業の依存関係をはっきりさせると、自分の仕事が他者の仕事にどのように影響するのかが明確になります。

本来、早めに周囲にパスを出すべきところなのに、自分がボールを抱え込んだままでは、いっこうに試合は進まないものです。関係性を把握できたら、開始から終了までを図解化してまとめてみましょう。

可視化することで全体的な流れや並行して「ながら作業」を進められる部分がより把握できるものです。また、より他者の仕事を意識することができ、周囲との協調性を生むこともできるようになるのです。

吉山勇樹(著) 『アウトプットが10倍増える!スピード段取り術
――――――――――――――――――――――――――――★



これ以外にも、人間関係の流れ、情報の流れ、決定事項の流れ、承認の流れなどいろいろあります。
あらゆる流れを見て、次に応用できるようになると、仕事ができるようになりますよ。



■参考図書 『アウトプットが10倍増える!スピード段取り術

仕事の8割は、段取りで決まる!

仕事のやり方を劇的に改善し効率を数倍高める「段取り力」。「段取り力(PWA)検定の仕掛け人であり、年間200日以上もの企業セミナーでこのスキルを教える「段取りの達人」が秘伝の技術を大公開!

◆アマゾンで見る◆ 楽天で見る◆ ◆DMMで見る◆

アウトプットが10倍増える!スピード段取り術
著者 :吉山勇樹

アウトプットが10倍増える!スピード段取り術
検索 :最安値検索

アウトプットが10倍増える!スピード段取り術
検索 :商品検索する




●本書を引用した記事
 標準時間を持つ
 伝わった結果だけが問題2:どう伝わったかを判断する方法
 伝わった結果だけが問題1:どう伝えたかではなく、どう伝わったか!
 リスクは上げるより見直す2:リスクマネジメントは「良い加減」に
 リスクは上げるより見直す1:リスクは上げるより見直す
 定型業務をカイゼンしなさい
 締め切りを曖昧にしない
 やることリストとやらないことリスト
 仕事の4条件のスコープを決める
 成果が倍になるコマ割り時間術
 ベタープラクティスに学べ
 わかりましたか?
 スピード段取り術3
 スピード段取り術2
 スピード段取り術1
 報連相(ホウレンソウ)は相連報(ソウレンホウ)
 時間を買う
 リスクマネジメント:4つのリスクに備える
 上司は部下の強み、弱みをよくわかっている
 目標は自分だけが管理できる
 会して議せず、議して決せず、決して行わず、行ってその責を取らず
 ドラッカー365の金言:組織の精神はトップから生まれる
 段取りを良くする思考手順
 前後関係がわかると仕事がわかる
 グレイなリソースを使う1
 アウトプットが10倍増える!スピード段取り術
 自分のやりたいことを公言する
 「やる」と決めることで仕事は面白くなる
 目標は部門目標に合わせる
 関係者を巻き込む
 明日の意思決定を計画してはいけない
 到達基準点を最高にする
 行動に転化する
 KKDとロジカルのバランスをとる
 部門目標と個人目標
 複数の選択肢を得る

●このテーマの関連図書


頭のいい段取りの技術

残業ゼロ!仕事が3倍速くなるダンドリ仕事術(アスカビジネス)

デキる人が「当たり前」に身につけている!仕事の基礎力

絶妙な「段取り」の技術(アスカビジネス)

段取り力

ダメなパターンから抜け出すためのちいさな工夫(Sanctuarybooks)


■同じテーマの記事

記憶術:凝視する

「凝視する」という言葉は知っていても、それを意識的に使えたりはしていません。たいていは、いい加減にしか見ていませんから。車の運転を習ったときに、「あちこちを見なさい」と言われた覚えがありますよね。一点を見続けちゃダメ、と。これは「注視」ということで、自動車運転では、2秒以上同じところを見続けるのは危険行為とみなされるそうな。この「凝視する」という行為は、実は記憶にとって重要な要素なのだそうです。記憶したかったら凝視しな..

個人業務計画書を作る

おそらく会社では、組織単位で年度初めに部門の活動計画書を出しているのを知っていると思います(零細企業ではやっているところは少ない、とも聞いていますが)。ほとんどの会社では、社長は大きな方向性は決めますが、その方向性に沿うために、それぞれの部門は今年度どのようなことをするのかを部長や管理職が決めて、それを計画書の形で役員に報告していると思います。その部門方針の一部がまた担当者の業務として与えられるわけです。ところが計画書が作られるのは、そういった組織やプロジェク..

図解のコツ2:単語を抜き出す

前回の記事で、「図解のはカタマリを作ること」と書きました。図解の最初のステップはカタマリを作ること図解とは、「位置/配置」に情報を盛り込むこと例えば、有名な情報整理術に、「KJ 法」というものがあります。考案者である文化人類学者・川喜田二郎氏のイニシャルをとってこう呼ばれています。ここでは詳しくは説明しませんが、キーワードを書いたカード、新聞や雑誌の切り抜きといったもの..

図解のコツ1:カタマリを作る

ホワイトボードに説明を書いてもらったときや、パワーポイントなどにまとめたときなどに「説明が上手いなあ」と思う人と、なにを書いているのかさっぱりわからない人がいます。文章を書くにしても図解をするにしても、こういうのがうまくできるようなコツがあります。過去記事でも何度か触れてますので、ちょっとご参考までに。過去に紹介した図解のコツ3つの習慣part1A4で議論する図解活用のメリットコミュニケーションよりコンバージョ..

深呼吸をしてストレスを解消する

ストレスを解消する方法として、お手軽にできる方法として「深呼吸する」という方法があります。ちょっときついな、と思ったら深呼吸をする、ちょっとしたことですが普段からのメンタルケアにはいいかもしれません。呼吸が浅くなってきたら深呼吸をする人に限らないですが、緊張状態になると呼吸が浅くなります。これは動物として必要なことなのですが、呼吸が浅い状態が続くと酸素が十分に回らずに余計に緊張状態が続きます。気分を入れ替えるために、い..

転職面接:「御社の製品が好きです」は言うだけムダ

中途採用の面接で、ほぼ 100% 聞かれることに「応募理由」があります。「なぜ弊社の中途採用に応募しようと思いましたか?」というやつ。応募理由は採用理由にはなりえない過去の経験で言うと、ここで、「御社の製品が好きで…」「御社のブランドには以前から関係がありまして…」みたいな言い方でスタートする方が結構見えます。これ自体は悪いものではないのですが、これが面接合格の決め手になるかというと、ほとんどなりません。これは会社の募集要項を見ればわかります。「我が..

朝、早起きして喫茶店出社する

朝、時々出社する前に喫茶店に行くことがあります。週に1〜2回前後。そこで、ゆったりモーニングコーヒーをして、それから会社へ。モーニングコーヒーの効果コーヒーは以前の記事に書いたように、カフェインによる覚醒効果がありますので、寝ぼけているときには効果があります。しかし、家や会社でコーヒーを飲めば、片付けの手間もありますし、美味しいコーヒーを飲もうとすれば、インスタントではなく、豆から挽いたコーヒーが飲みたい所。やっぱりお手軽なのは人に淹れてもらって、それをゆっ..

習慣を改める習慣をつける

多くの仕事は考えなしに突撃すると失敗します。一方で、ある行動は習慣化して、考えずに行動することで、迅速にやれるようになります。習慣の力過去記事でも何度かふれてますが、習慣の力は自動車の運転を考えてみればわかります。教習所に通っていた頃、あるいは免許を取りたての頃は、ミラーを確認してシートベルトを締めてエンジンをかけて::(中略):後方確認をしてブレーキを緩めてアクセルをふかしながらゆっくりクラッ..

グロービス流ビジネス基礎力のチェックリスト3

『27歳からのMBA グロービス流ビジネス基礎力10』に載っていた、ビジネス基礎力のチェックリストをご紹介します。長文なので、3回に分けました。本日はその3回目。紹介「将来に、漠然とした不安がある」「今の自分に自信が持てない」「ビジネススキルを学びたいけれど、何から始めたらいいのかわからない」本書は、そんな悩みを抱える若手ビジネスパーソンに向けて、日本有数のビジネススクールであるグロービスの教授陣が書き下ろした「ビジネ..

グロービス流ビジネス基礎力のチェックリスト1

『27歳からのMBA グロービス流ビジネス基礎力10』に載っていた、ビジネス基礎力のチェックリストをご紹介します。長文なので、3回に分けました。本日はその1回目。紹介「将来に、漠然とした不安がある」「今の自分に自信が持てない」「ビジネススキルを学びたいけれど、何から始めたらいいのかわからない」本書は、そんな悩みを抱える若手ビジネスパーソンに向けて、日本有数のビジネススクールであるグロービスの教授陣が書き下ろした「ビジネ..