読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事のヒント

「仕事がうまくいく→給料が上がる」のいくつかのヒント

部門目標と個人目標

 

考える力は、他人が出した結論を見るだけでは絶対に付きません。
自分の頭で考え、それを整理し、行動してそれをさらに最初の考えにフィードバックするというループによってのみ強化されます。

本カテゴリでは、さまざまなテーマを設問としてご紹介していきます。
そのテーマについて、ノートに自分の考えを書き出して、それから導き出される結論に基づくアクションを決定して行動してみてください。その結果自分の考えがどのように変わったのか、一度このノートをを見なおしてください。


 Practice Makes Pefect!!


 

■本日のテーマ「個人の目標と部門の目標」


一人ひとりの貢献は、組織の成果から見れば部分に過ぎません。
あなたは、上司から何を持って評価されるかというと、組織に対してどれだけ貢献したのかによってのみ評価されるのです。

自らの貢献を評価するには、「直接の成果」「価値への取り組み」「人材の育成」の三つの領域からなる組織の成果を理解していなければなりません。

「直接の成果」とは、今年度の組織目標を一人ひとりの過去の貢献度と能力によって分解したものです。

「価値への取り組み」とは長期的にみて組織の価値をどれだけ高められたか、あるいは高められる可能性があるか、です。

「人材の育成」とは、あなたの部下や後輩が、将来的にどれだけ組織の目標に貢献できるようにするかということです。

これらを総合的に見てあなたの評価が決定されます。

あなたは、上司に対してこれら3分野の総合的な貢献度が高いことをアピールしないと上司からの高い評価は得られません。

 

 

★――――――――――――――――――――――――――
自らの仕事ぶりを管理するには、自らの目標を知っているだけでは十分でない。目標に照らして、自らの仕事ぶりと成果を評価できなければならない。(中略)あらゆる者が自らの仕事ぶりを測定するための情報を手にすることが不可欠である。

P.F.ドラッガー著  『マネジメント
――――――――――――――――――――――――――★




■本日のお題


あなたの個人の目標を「直接の成果」「価値への取り組み」「人材の育成」の3つに分けて説明してください。次に、それが組織全体の目標に対して持っている影響度を数字で表してみてください。

現在の影響度を将来どのくらいにしたいかを
 1年後
 3年後
 5年後
に分けて書き出してください。

その目標を達成するために、目標として
 今年何をするか
 今月何をするか
 今週何をするか
を一つだけ書き出してください。

今週の目標を実践しましょう!!



■参考図書 『マネジメント

もはや説明するまでもない、今世紀の金字塔。
ピーター・ファーディナンドドラッカーは、オーストリア・ウィーン生まれのユダヤオーストリア経営学者。「現代経営学」あるいは「マネジメント」 の発明者、またマネジメントのグルの中のグルと呼ばれる。 他人からは未来学者と呼ばれたこともあったが、自分では「社会生態学者」を名乗った。
「分権化」「目標管理」「民営化」「ベンチマーキング」「コアコンピタンス」など、マネジメントの主な概念と手法を生み発展させたマネジメントの父。

彼の著作のなかでも最も引用されることが多いのが、本書と『経営者の条件』。
ビジネスマンなら必携の本。解説本も数えきれないほど。

◆アマゾンで見る◆ 楽天で見る◆ ◆DMMで見る◆

マネジメント
著者 :ピーター・ファーディナンドドラッカー

マネジメント
検索 :最安値検索

マネジメント
検索 :商品検索する




●本書を引用した記事
 リーダーシップとは芸術だぁ!
 転職面接:「御社の製品が好きです」は言うだけムダ
 朝、早起きして喫茶店出社する
 グロービス流ビジネス基礎力のチェックリスト3
 グロービス流ビジネス基礎力のチェックリスト1
 グロービス流ビジネス基礎力のチェックリスト2
 図解とは位置・配置に情報を盛り込むこと
 部下からの不平不満は上司の勲章
 少しだけの成功を積み重ねる
 期限はローリングで解釈する
 議事録は読み返すから意味がある
 メモ帳の消費量を測定する
 社内研修の講師になる
 上達のコツは続けること、続けるコツは続けること
 メールは見るのを急くな、返事は急げ
 年上の部下は信用しても信頼してはいけない?
 相手に聞く準備する合図を送る
 書類は立てて保管する
 昇進面接:なぜ昇進が課長止まりなのか
 上司の指摘は積極的に改善する
 ドラッカー:リーダーシップ力診断
 添付ファイルのパスワードをメールに書いてはいけない
 あなたが考えていることは仮説にすぎない
 遊びの時間を作る
 信頼方程式T=(E+R+I)/S
 今日の仕事のゴール、言えますか?
 努力と成果は比例しない。その1
 トラブルを上司に報告する前にするべきこと
 一番簡単にできる成果の増やしかた
 ミスを連発してしまったときの対処方法
 いい話なのか、悪い話なのか、最初に言う
 年下の上司には最敬礼で接する
 きっかけを聴く―部下・後輩の無理筋な要求への対応
 魅力的な名前をつける
 ファシリテーションを勉強する
 厳しい交渉ごとは役員応接室でやりなさい
 タスクリストには2つの目標を併記する
 人を動かす:相手の話を聞くときには手を止めなさい
 「マクラ」を使うと話がうまくなる
 「どうしようもない」上司への対処方法
 希望の部署に移動する方法
 ストレス経験を思い出して、笑い話にする
 「××までに完了する」を習慣にする
 説得術:無言で相手を誘導する方法
 中途採用書類:目立つ応募者になる
 上司の情報を活用する
 楽しい仕事はない。楽しめる仕事はある
 フィードバック分析
 ダルカチと60人のモンゴル人
 常駐タスクをチェックする
 リスクは上げるより見直す2:リスクマネジメントは「良い加減」に
 リスクは上げるより見直す1:リスクは上げるより見直す
 ボトルネックは、決済済の箱
 相手の評価を上げる
 担当者を決めない計画立案
 定型業務をカイゼンしなさい
 部下力のみがき方4:キーメッセージ2
 部下力のみがき方3:キーメッセージ
 部下力のみがき方2:要約
 部下力のみがき方1:部下力のみがき方
 やることリストとやらないことリスト
 会議の予定は多めに入れる
 褒め方の3パターン
 議事録は清書してはいけない
 メールの返信テンプレートを作る
 集団競技でマネジメントを考える
 考えは伝えられない
 勝手に進むようにするとマネジメントはうまくいく
 仕事の五要素と5W2H
 遊び時間を作る
 仕事の4条件のスコープを決める
 タイムマネジメントを考えない時間
 たたき台を作ると成長できる
 リーダーになれないなら事務局になる
 上司の言うことは全部やる
 面接質問:その課題に対してどのような計画を立てましたか?
 自己PR文で「思う」な
 読んでおくべきビジネス書
 経験のない業務に素早く習熟する方法
 ファンクショナリティマトリクス
 ステップフォルダ(ステップファイル)で進捗を見える化する
 「だいたい君はいつも」は禁句
 失敗は正確に報告する
 会社で生きることを決めた君へ_2
 買い物は楽しいか?
 成果が倍になるコマ割り時間術
 ミーティングチェックリスト
 タスク起票のタイミング
 面接質問:STARで聞く
 カスな部下の扱い方
 メールはプルシステム3
 メールはプルシステム2
 メールはプルシステム1
 面接技術:入社後に何をしたい?
 巨乳バカ一代
 自分を変える教室3
 面接技術:コスト意識
 識者を探す
 WBSを作る
 期末自己申告記入のポイント
 人を動かす:人を説得する原則6:しゃべらせる
 コールドリーディング入門:要約4:コールドリーディングの武器は観察力
 コールドリーディング入門:要約3:初対面で一気に相手を落とす会話のコツ
 コールドリーディング入門:要約2:フィッシング・パンピング
 コールドリーディング入門:要約1:ストックピール
 キャリアの目標を持っていますか?
 命をかけるに値するかを考えて議論に持ち込む
 異能の質を見つける
 明日を支配するもの:資産の保全こそマネジメントの責務である
 部下に評価を伝える時には、良い・悪いを同時に言う
 部下が主催するミーティングに出席する
 「べき」「ベスト」ではなく「できたらいいな」を探すとストレスが減る
 人を動かす:人を説得する原則3:自分の誤りをただちにこころよく認める
 失敗に対して上司がもっとも腹が立つこと
 汚れていれば、掃除すればいいじゃない―だれもやりたがらない仕事のネタ
 自分を思い出してもらえるキーワードを宣伝する
 明日を支配するもの:知識労働者には自律性と責任がともなう
 伝えるのは性能よりも行動の変化
 上司だって仲間に入れてほしい
 目覚めよ!生きよ!:さあ、第一歩を踏み出そう
 希望は放置しておくと腐ってしまう
 「喫茶喫飯」集中して人の話を聞く
 人を動かす:人を説得する原則3:相手が即座に「イエス」と答える問題を選ぶ
 リスクマネジメント:4つのリスクに備える
 人を動かす:「イエス」と答えられる問題を選ぶ
 ドラッカー:意思決定の前提とすべきものが「すでに起こった未来」である、って本当?
 部下は育てるのではなく育つ
 人脈をスタートさせる方法
 ピンチヒッターを作る
 ドラッカー:マネジメントは一般教養である
 陣取りゲームで陣地を広げる
 人を動かす:1ガロンの苦汁よりも1滴のはちみつのほうが多くの蝿が取れる
 明日を支配するもの:まだ行っていなかったとして今これを始めるかを問わなければならない
 アホな上司は反面教師にはならない
 人を動かす:人を説得する原則1:議論に勝つ唯一の方法として議論を避ける
 部下・後輩の指導は計測するから始める
 目標はレギュラーとプロジェクトで管理する
 変化を起こすための3つのコスト
 不満との上手な付き合い方
 成果を上げる5つの条件
 影響の輪1:自分に影響のある問題を外においてはいけない
 リーダーに向かない人のパターン
 部下や後輩が話しかけてきたり、メールをくれたら優先的に対応する
 対処療法はパンクの元
 上司の指示と自分の考えの違いを記録する
 部下や後輩が話しかけてきたり、メールをくれたら優先的に対応する
 他人に操られないためのルール
 時間を創造する
 人生に変化を起こす方法
 言うべきことは言うべきタイミングまで待つ
 上司から歩み寄らないと本当の情報は入ってこない
 みんなで考え、独りで決める
 プレイングマネージャーのミッション
 その他大勢から抜け出す6つの習慣
 「演じる」を知る
 サラリーマンの人生設計の3つのコアプロセス
 「たらない」ところから始める
 「努力しなければ」をやめる
 昇進したばかりの上司が部下との面談時に気をつけること
 英語を学ぶより本を読んだほうがいい
 同僚を持ち上げると評価が上がる?
 学習する組織:マネジメントを学ぶよりも「話す」ことが効果がある
 「次は頑張る」は永久にできない
 批判しない、建議し行動せよ、さもなくば忘れよ
 人を動かす:人に好かれる原則2:聞き手にまわる
 上司は部下の強み、弱みをよくわかっている
 腐ったミカン理論を自分の組織に適用できますか?
 問題発見力養成講座:システムシンキングの6つのメリット3
 リーダーシップとマネジメントを平易な言葉で言ってみる
 問題発見力養成講座:階層を意識してレバレッジポイントを見つける1
 知識とは「何かを変えるもの」
 学習する組織:「学習する組織」に最終目的地や最終的な状態はない
 人生をより良くするためのリストを作る
 学習する組織:マネジメントの一般的体系
 「意思」は信用しない
 自分より職位が上の人を驚かせてはいけない
 初めての問題は存在しないが同じ問題も存在しない
 目標は自分だけが管理できる
 上司の評価は部下が決めている
 自分の能力はライフサイクルで考える
 「組織開発」という古い課題の新しい手法
 ポジティブシンキングの落とし穴
 上司には上司がいる
 物が増えると時間が減る
 なぜ、継続できないのか?
 本気で「良い習慣を身につけたい」と思うなら
 感情は抑えない、整理する
 ダウンサイドリスクを見積もる
 臨機応変、朝令暮改
 「頑張った私」は言わない
 睡眠時間を優先する
 面接質問:あなたの能力を示してください
 テレビから離れる
 効率を上げるために通勤を考える
 7つの習慣:率先力を発揮する
 意識をして廃棄をしなさい
 後悔先に立たず、後にも役に立たず
 7つの習慣:人生の責任を引き受けなさい
 ゾンビ情報は損をする
 モチベーションが上がるトリガ
 ビジネス書名著目録(必須図書)
 社長は君のどこを見て評価を決めているのか?
 社長は君のどこを見て評価を決めているのか? 詳細目次

●このテーマの関連図書


ドラッカー名著集14マネジメント[中]―課題、責任、実践

ドラッカー名著集15マネジメント[下]―課題、責任、実践

ドラッカー名著集3現代の経営[下]

ドラッカー名著集2現代の経営[上]

ドラッカー名著集11企業とは何か

ドラッカー名著集12傍観者の時代(ドラッカー名著集12)


■同じテーマの記事

リーダーシップとは芸術だぁ!

『リーダーシップ・チャレンジ』という本があります。初版発行(1987)から約30年を経過するロングセラーの一冊で、2014年に第5版が発行されています。今日語られているリーダーシップに関することはほぼここに書いてあります。おそらく、「リーダーシップ」に関する著作を持っている人は、何らかの形で影響されているのではないかと思えるような古典的正統派の「リーダーシップ論」です。多くの「リーダーシップ」本で語られているとおり、「リーダーシップ..

転職面接:なぜ弊社を希望されましたか?

新卒・転職面接にかかわらず、必ず出る質問に志望理由があります。この答え方に2パターンがありそうです。主語はなにか?主語の2パターンは、「御社は〜」「私は〜」です。ただ、主語が「御社は〜」の場合、印象に残ることがほとんどないです。あまり記憶に残ってません。これの理由をつらつら考えるに、「ありきたりのことしか言ってない」のではないかと。たとえば、「御社の将来性…云々」と言われても、面接官は10年も20年も会社にいるわけなので、応募者よりもその会社のことは詳し..

ダラダラ癖から抜け出すための10の法則:能力以上の成果を出す目標の建て方

「能力以上の成果」を引き出す「目標の立て方」「よい目標」を設定するというのは、簡単なことではない。「よい目標」とは、やる気を起こさせると同時に、その行動の方向づけをしてくれる。そういう目標を設定するためには、次のような条件が守られなければならない。自分自身の目標であること。自分のために設定した目標なら、やり遂げる可能性は大きい。上司や友人、仕事仲間から押しつけられた目標ではダ..

転職面接:「御社の製品が好きです」は言うだけムダ

中途採用の面接で、ほぼ 100% 聞かれることに「応募理由」があります。「なぜ弊社の中途採用に応募しようと思いましたか?」というやつ。応募理由は採用理由にはなりえない過去の経験で言うと、ここで、「御社の製品が好きで…」「御社のブランドには以前から関係がありまして…」みたいな言い方でスタートする方が結構見えます。これ自体は悪いものではないのですが、これが面接合格の決め手になるかというと、ほとんどなりません。これは会社の募集要項を見ればわかります。「我が..

習慣を改める習慣をつける

多くの仕事は考えなしに突撃すると失敗します。一方で、ある行動は習慣化して、考えずに行動することで、迅速にやれるようになります。習慣の力過去記事でも何度かふれてますが、習慣の力は自動車の運転を考えてみればわかります。教習所に通っていた頃、あるいは免許を取りたての頃は、ミラーを確認してシートベルトを締めてエンジンをかけて::(中略):後方確認をしてブレーキを緩めてアクセルをふかしながらゆっくりクラッ..

グロービス流ビジネス基礎力のチェックリスト3

『27歳からのMBA グロービス流ビジネス基礎力10』に載っていた、ビジネス基礎力のチェックリストをご紹介します。長文なので、3回に分けました。本日はその3回目。紹介「将来に、漠然とした不安がある」「今の自分に自信が持てない」「ビジネススキルを学びたいけれど、何から始めたらいいのかわからない」本書は、そんな悩みを抱える若手ビジネスパーソンに向けて、日本有数のビジネススクールであるグロービスの教授陣が書き下ろした「ビジネ..

グロービス流ビジネス基礎力のチェックリスト1

『27歳からのMBA グロービス流ビジネス基礎力10』に載っていた、ビジネス基礎力のチェックリストをご紹介します。長文なので、3回に分けました。本日はその1回目。紹介「将来に、漠然とした不安がある」「今の自分に自信が持てない」「ビジネススキルを学びたいけれど、何から始めたらいいのかわからない」本書は、そんな悩みを抱える若手ビジネスパーソンに向けて、日本有数のビジネススクールであるグロービスの教授陣が書き下ろした「ビジネ..

グロービス流ビジネス基礎力のチェックリスト2

『27歳からのMBA グロービス流ビジネス基礎力10』に載っていた、ビジネス基礎力のチェックリストをご紹介します。長文なので、3回に分けました。本日はその2回目。紹介「将来に、漠然とした不安がある」「今の自分に自信が持てない」「ビジネススキルを学びたいけれど、何から始めたらいいのかわからない」本書は、そんな悩みを抱える若手ビジネスパーソンに向けて、日本有数のビジネススクールであるグロービスの教授陣が書き下ろした「ビジネ..

「教える」のではなく「シェアする」意識

よく言われることですが、何かに熟達したいと思ったら、だれにでもできる方法があります。他人に教えることです。ただ、どうもこの「教える」というのはハードルが高いです。つい、自分に「他人に教える程の知識があるのか」と疑問に思っちゃいますので。でも、実は誰にでもできることなんです。「教える」こと子供の頃に、「先生が生徒に教える」というイメージがついているので、ある程度熟達した人が、未熟な人に対してやる行為みたいな気がします。..

図解とは位置・配置に情報を盛り込むこと

よく「図解」という言葉が使われますが、どうもこの意味を誤解していて、きれいなピクトグラムや挿絵を使って、ひと目で意図がわかるようなものを想像される方が多いようなのですが、こういう定義を「図解」に与えてしまうと、私のようなイメージ貧困なボンクラにはハードルが非常に高くなってしまいます。過去記事でも、「文字とマル、線と矢印だけで十分図解だ」などと書いてましたが、実際、絵を描くことと図解そのものには乖離があります。図..