読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事のヒント

「仕事がうまくいく→給料が上がる」のいくつかのヒント

部下はストーリー分析で育成する

 

もしあなたが、誰かの教育指導をする必要があるなら、

 「この判断はダメ。なぜなら〜」
 「○○をしなさい。これをすることで△△が得られるから…」

のように話をするよりも、若者が伸びる話し方があります。

■本になる成功ストーリーより隣の人の失敗談


よく成功本には、その人がどのようなことをした結果どれほどすごい成功をしてそれが現在のその人の地位や成果に結びつけているかが書いてあります。
私もこういう本を時々読みます。ただ、実際の仕事においてあまり役に立ったという記憶がありません。

「どうしてかな?」と考えると、どうやら状況が違いすぎるからみたいです。
つまり、

 ・任天堂ファミコンの企画をした
 ・法王にコメを食べさせた
 ・松下電器を創業した

なんて経験が「たかがイチサラリーマン」の仕事の役に立つわけがないです(物事への取り組み方や考え方は参考になりますよ、もちろん)。

それよりも、すぐ隣りの先輩が

 ・上司からこんな無茶ぶりをされたけど何とかやり遂げた
 ・生産ラインに新しい設備を導入できた

とかいう話のほうが、「自分にもできそう」「自分にもありえそう」と思わせるわけですね。

さらにそれが失敗談だったりするとすごく印象に残るわけです。
※物の本によると、人間は成功より失敗の方をよく記憶するそうです。

 

 

■物語記憶は単発記憶より長期記憶になりやすい


理由はよくわかりませんが、以前の記事記憶力を高めるでご紹介したように

  ・青
  ・スプーン
  ・象
  ・パソコン

をおぼえておくのに、これを単純に記憶しようとするのではなく、

 「青いスプーンを咥えた象がパソコンの上で踊っている」

みたいにしたほうが記憶に残りやすいらしいです。さらに記憶に残りやすいのは、物語にすること。たとえば、「ももたろう」の話しならほとんどの人が語れるでしょう。
でもこれが、

 ・おじいさん
 ・サル
 ・鬼ヶ島
 ・芝刈り
 ・きびだんご
 ・洗濯
 ・キジ
 ・桃
 ・おばあさん
 ・桃太郎
 ・イヌ
 ・鬼

と並んでいるものを覚えなさいと言われたらきっとムリです。

記憶に残れば、それを応用することもできるようになるわけです。
ただし、記憶に残るような物語を作るためには、その場の勢いで話してはダメです。あるストーリーを構築するためのコツが有ります。

ここらへんは本日のお題ではないので、以下の本を参考にしてください。
また機会があればご紹介します。

  クリストファー・ボグラー著 『神話の法則』

■原因を分析させる


教育という目的を考えると、単に記憶に残っただけでは大して意味はありません。単に知っていることで終わらせないようにしないといけません。
問題は

 なぜそうなったのかを分析させる

ことです。自分の経験を『神話の法則』にそって語り、

 「こうなった原因は何だったと思う?」
 「今の君なら理由と対策はわかるよね?」

と相手(教育しようとする人)に質問することです。そうすることでその人が自分の知識・経験と今の物語を組み合わせて答えを出そうとします。それではじめてその人の血肉になるわけです。

ただ、一つ一つのエピーソード(物語)を語ろうと思うと時間がかかります。いつもいつもエピソードを語っているわけにもいきませんね。
ですので、一緒に飲みに行った時とか、ちょっと雑談をする時とかに手短に物語を語り、考えさせたり議論したりすることです。

こういうのは、集合研修とかが適切なのかもしれませんが。

私は大体一緒に飲みに行くと「ちょっとだけ失敗物語」というのをやるようにしてます。
意外と覚えている人が多いですので、その後に雑談しながら、「そういえばあの時○○の話をしたよね。きみならどうする?」と質問するようにしてます。
つまり2回に分けて話をするようにしてます。

これができるようになるためには、自分のエピーソードをたくさん持っていないと、その人の状況に合わせた成功談・失敗談が出てきません。
これは、日誌をつけると案外記憶に残って、整理がしやすいです。

もう一つ、社内メルマガを利用するという方法を使ってます。
私は毎週自分の思ったことや仕事のヒントなどをメルマガにして部下に発信しています。
このメルマガの中で、エピソードやそれから得られた教訓などを語ったりしてます。

もし、自分の部下を持っている方は、こういうやり方もひとつの方法なのではないかと思います。
ただし、1年位は続けないと「飽きっぽいなぁ」などと思われてしまうので要注意。



■参考図書 『青い象のことだけは考えないで



立ち読みできます立ち読み可
思考を変えれば、一瞬で幸せになれる。
満足したり、幸福を感じたりするのは、頭の中の状態に左右される。あなたが何を考えるのかということが、健康や人生の充足感に決定的な影響を与えるのだ。
本書であなたを“思考の世界"へと誘うのは、ドイツでマインド・リーダーとして活躍するトルステン・ハーフェナーと、医師で健康のエキスパートであるミヒャエル・シュピッツバートだ。
医学博士による思考についての医学的な考察とマインド・リーダーの体験を組み合わせながら、思考を自由にするためのトリックやメソッドを紹介する。

 

◆アマゾンで見る◆ 楽天で見る◆ ◆DMMで見る◆

青い象のことだけは考えないで
著者 :トルステン・ハーフェナー

青い象のことだけは考えないで
検索 :最安値検索

青い象のことだけは考えないで
検索 :商品検索する




●本書を引用した記事
 部下はストーリー分析で育成する
 面倒くさくする
 「しない」はできない
 アナログマーキング
 一歩前に踏み出す金言
 「しない」はできない

●このテーマの関連図書


心を上手に操作する方法

心を上手に透視する方法

とっさのしぐさで本音を見抜く


■同じテーマの記事

記憶術:周辺情報を追加する

何かを記憶しようとするとき、そのことだけでなく他のことも合わせて記憶しようとするといい場合があります。人間の脳は、あらゆることを関連付けで覚えているそうです。したがって、離れ小島のようなピンポイント記憶は難しいんです。周辺記憶「周辺情報」を追加してみる記憶するときには、情報を絞り込んだほうが有利です。 5 つ覚えるより、ひとつ覚えるほうが簡単だからです。しかし、記憶の..

問題解決を進めるときにブロコン・リストを作る

プロコン・リストというのは、「よいことと悪いことの一覧表」。あまり普段の仕事では使わないですが、英語圏ではよく使われる言葉のようです。覚えておくとちょっとお得かも。ブロコン・リストここで、ご紹介するのが、問題解決策の策定のためのツールのひとつ、「プロコン・リスト」という手法です。プロコンとは、あまりなじみのないことばかもしれませんが、英字新聞などを見ていると、よく登場す..

ダラダラ癖から抜け出すための10の法則:能力以上の成果を出す目標の建て方

「能力以上の成果」を引き出す「目標の立て方」「よい目標」を設定するというのは、簡単なことではない。「よい目標」とは、やる気を起こさせると同時に、その行動の方向づけをしてくれる。そういう目標を設定するためには、次のような条件が守られなければならない。自分自身の目標であること。自分のために設定した目標なら、やり遂げる可能性は大きい。上司や友人、仕事仲間から押しつけられた目標ではダ..

深呼吸をしてストレスを解消する

ストレスを解消する方法として、お手軽にできる方法として「深呼吸する」という方法があります。ちょっときついな、と思ったら深呼吸をする、ちょっとしたことですが普段からのメンタルケアにはいいかもしれません。呼吸が浅くなってきたら深呼吸をする人に限らないですが、緊張状態になると呼吸が浅くなります。これは動物として必要なことなのですが、呼吸が浅い状態が続くと酸素が十分に回らずに余計に緊張状態が続きます。気分を入れ替えるために、い..

朝、早起きして喫茶店出社する

朝、時々出社する前に喫茶店に行くことがあります。週に1〜2回前後。そこで、ゆったりモーニングコーヒーをして、それから会社へ。モーニングコーヒーの効果コーヒーは以前の記事に書いたように、カフェインによる覚醒効果がありますので、寝ぼけているときには効果があります。しかし、家や会社でコーヒーを飲めば、片付けの手間もありますし、美味しいコーヒーを飲もうとすれば、インスタントではなく、豆から挽いたコーヒーが飲みたい所。やっぱりお手軽なのは人に淹れてもらって、それをゆっ..

習慣を改める習慣をつける

多くの仕事は考えなしに突撃すると失敗します。一方で、ある行動は習慣化して、考えずに行動することで、迅速にやれるようになります。習慣の力過去記事でも何度かふれてますが、習慣の力は自動車の運転を考えてみればわかります。教習所に通っていた頃、あるいは免許を取りたての頃は、ミラーを確認してシートベルトを締めてエンジンをかけて::(中略):後方確認をしてブレーキを緩めてアクセルをふかしながらゆっくりクラッ..

グロービス流ビジネス基礎力のチェックリスト3

『27歳からのMBA グロービス流ビジネス基礎力10』に載っていた、ビジネス基礎力のチェックリストをご紹介します。長文なので、3回に分けました。本日はその3回目。紹介「将来に、漠然とした不安がある」「今の自分に自信が持てない」「ビジネススキルを学びたいけれど、何から始めたらいいのかわからない」本書は、そんな悩みを抱える若手ビジネスパーソンに向けて、日本有数のビジネススクールであるグロービスの教授陣が書き下ろした「ビジネ..

グロービス流ビジネス基礎力のチェックリスト1

『27歳からのMBA グロービス流ビジネス基礎力10』に載っていた、ビジネス基礎力のチェックリストをご紹介します。長文なので、3回に分けました。本日はその1回目。紹介「将来に、漠然とした不安がある」「今の自分に自信が持てない」「ビジネススキルを学びたいけれど、何から始めたらいいのかわからない」本書は、そんな悩みを抱える若手ビジネスパーソンに向けて、日本有数のビジネススクールであるグロービスの教授陣が書き下ろした「ビジネ..

グロービス流ビジネス基礎力のチェックリスト2

『27歳からのMBA グロービス流ビジネス基礎力10』に載っていた、ビジネス基礎力のチェックリストをご紹介します。長文なので、3回に分けました。本日はその2回目。紹介「将来に、漠然とした不安がある」「今の自分に自信が持てない」「ビジネススキルを学びたいけれど、何から始めたらいいのかわからない」本書は、そんな悩みを抱える若手ビジネスパーソンに向けて、日本有数のビジネススクールであるグロービスの教授陣が書き下ろした「ビジネ..